スターフライヤーの写真 機内でのお願い事。スターフライヤー編。スタイフライヤーご搭乗いただくのに当たり機内でのお願い事のご案内と詳細になります。ご搭乗前までにご一読ください。スターフライヤーSFJで飛ぶ格安ホテル付きパックツアーや各種航空券の予約専用サイトです。スターフライヤープランでは片道からのスターフライヤーのスターリミテッドなど割引航空券の各種お取扱いもしております。
TOPページへ 通信販売法 約款 プライバシー 会社案内 MAP お問合せ 平日;10:00-19:00
土曜;11:00-15:00
スターフライヤー簡単検索 ホテルパック 航空券 各種情報 他の航空会社
機内でのお願い事。スターフライヤー編。スタイフライヤーご搭乗いただくのに当たり機内でのお願い事のご案内と詳細になります。ご搭乗前までにご一読ください。スターフライヤーSFJで飛ぶ格安ホテル付きパックツアーや各種航空券の予約専用サイトです。スターフライヤープランでは片道からのスターフライヤーのスターリミテッドなど割引航空券の各種お取扱いもしております。


機内でのお願い

  • 機内は全面禁煙です。
    電子タバコ等の火を使わない喫煙器具についても、他のお客様に「喫煙」との誤解を与える恐れがある為、スターフライヤーでは機内での使用をお断りしております
  • 急な揺れに備え、飛行中は座席ベルトを常にお締めください。
  • 機内での電気(電子)機器の使用には制限があります。電気(電子)機器についてのお願いをご覧ください。
  • 機内持ち込みのお手荷物は、前の座席の下へ置くか、座席上の収納棚に入れてください。
    前に座席のない席および非常口座席にはお手荷物は置けませんのでご注意ください。
  • ライター等の置き忘れにご注意ください。

『安全阻害行為の禁止について』

非常口座席に着席されるお客様へのお願い

国土交通省の通達により2009年4月1日から、お客様の安全を確保するため、非常口座席には以下の全ての項目を満たすお客様に限りご着席いただくこととなりました。

1. 満15歳以上の方
2. ご搭乗に際して付き添いの方や係員のお手伝いを必要としない方
3. 航空機ドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施することができる方
4. 脱出手順の案内及び乗務員の指示を理解し、他のお客さまへ口頭で伝えられる方
5. 緊急脱出時に同伴者の援助をする必要がない方
6. 緊急脱出の援助を実施することに同意する方

非常口座席に着席されるお客様には、万一の場合、客室乗務員の指示のもと緊急脱出時の援助をお願いいたします。上記項目に該当しないお客様は、座席を変更させていただきます。

《緊急脱出時の援助内容》

  • 乗務員が非常口を完全に開放するまでの間、他のお客様を制止すること
  • 乗務員の指示に従い、機外が安全であることを確認して非常口を操作し開放すること
  • 脱出スライドが膨らんだ後、他のお客様を速やかに脱出させること
  • 脱出スライドまたは脱出口下において後から脱出する他のお客様を援助すること
  • 速やかに機体から離れて遠くへ避難するよう声をかけること
  • その他(必要に応じ、乗務員が具体的に指示させていただきます)
  • ※ご搭乗後、お早めに機内に備えつけの『安全のしおり』をお読みください。
  • ※上記援助を実施できない、または援助を実施することに同意いただけないお客様は非常口座席にお座りいただけませんので、あらかじめご了承ください。

2011年4月1日より、機内における電気(電子)機器類を作動させてはならない時期が変更されました。
飛行機のドアが開いている場合に限り、携帯電話などがご使用いただけます。

ドア開放時を除き、使用禁止(ドアが閉まっている間は電源オフ)

携帯電話、PHS、トランシーバー、無線操縦玩具、ワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホン、ワイヤレスマイク、電池内蔵ICタグ、パーソナルコンピュータ、携帯情報端末、ワイヤレスのPC周辺機器、電子ゲーム機、無線通信機能付歩数計、無線通信機能付心拍測定計、無線通信機能付腕時計、無線式キーのうち、作動時に電波を発信する状態にあるもの

離着陸時は使用禁止(離着陸時に電源オフ)

  • ※上記機器のうち作動時に電波を発信しない状態(設定)にあるもの、テレビ、ラジオ、ポケットベル、GPS受信機、ビデオカメラ、ビデオプレーヤー、DVDプレーヤー、デジタルカメラ、デジタルオーディオ機器、有線かつ電池式ヘッドホン、有線かつ電池式イヤホン、ワードプロセッサー、電子手帳、電子辞書、プリンター、充電器、愛玩用おもちゃ“電子ペット”(音声または接触に感応してスピーカー及びモーターが作動するものに限る)上記以外の電子機器でも別途当社の定めにより使用を制限させていただいている機器があります。
  • ※離陸時:ドアが閉まってから離陸後5分間まで
    着陸時:着陸前の電子機器使用禁止のアナウンスからドアが開くまで
    携帯電話やPHSなどは、電源を入れた際自動的に自分の位置を地上局に伝えるために通信用の電波を発信します。この電波は航空機の計器に障害を与える恐れがありますので、必ず電源はドアが閉まる前にお切りになり、ドアが開くまでそのままの状態でお過ごしください。機内での電子機器の使用は地上滞在時も含め制限されています。

航空機内における、国土交通省の告示で定められた電子機器の使用は、法令により禁止されています。違反した場合には50万円以下の罰金が科せられることがありますのでご注意ください。
詳しくは定期航空協会ホームページをご覧ください。

お子様向け携帯電話をお持ちのお客様へ

NTTドコモ・au・SoftBankより販売されているお子様向け携帯電話の一部機種には、本体の電源が切れている状態でも「電源OFF通知設定」が設定されている場合、定期的に電源が入り電波を発する状態となることがあります。
機内では安全上の理由により、電気(電子)機器の使用を制限させていただいております。
電波を発信する状態での携帯電話は、機内では常時使用禁止となっておりますので、下記機種をお持ちのお客様は、ご搭乗前に「完全電源OFF」操作をするか「電源OFF通知設定」を「OFF」にしてご搭乗いただきますよう、よろしくお願いいたします。



TOPページへ 通信販売法 約款 プライバシー 会社案内 MAP お問合せ

スターフライヤープランはHRC国内旅行センターのスターフライヤーのツアーパックおよび航空券予約専用ページです
TEL;03-5639-3600 FAX;03-5639-3601  〒135-0047 東京都江東区富岡1-23-13 Sビル3階
Copyright (C) 2004 Historical Relics and Culture International Travel Service co.,Ltd. All Rights Reserved.